ページの先頭へ
NENU

KISSEI GALLERY.com 日常診療お役立てサイト

第2回

過活動膀胱症状を有する前立腺肥大症に対する薬物療法

川原 腎・泌尿器科クリニック
院長

川原和也先生

「男性下部尿路症状・前立腺肥大症診療ガイドライン」が2017年4月に発行されました。今回は、本ガイドラインに示されている過活動膀胱症状を有する前立腺肥大症に対するユリーフの単独療法、あるいはユリーフと抗コリン薬の併用に関する検討について、川原 腎・泌尿器科クリニック院長の川原和也先生に解説いただきます。 ぜひご視聴ください。(5分31秒)

第1回

今こそ知りたい 前立腺肥大症治療薬の使い方

福井大学医学部
器官制御医学講座 泌尿器科学研究室
教授

横山修先生

4月に発行された「男性下部尿路症状・前立腺肥大症診療ガイドライン」では、
第一選択薬としてユリーフなどのα1遮断薬またはPDE5阻害薬が推奨されています。ガイドライン改訂以降に報告されたα1遮断薬とPDE5阻害薬との比較試験のデータについて、福井大学医学部器官制御医学講座泌尿器科学教授の横山修先生に解説いただきます。 ぜひご視聴ください。(4分39秒)